不登校

不登校になったらどうする?どうしたら学校へ行けるようになる?

今回は不登校になってしまったらどうする?不登校の治療はできるの?ということをメインにお話していきたいと思います。

不登校ってどうしてなるの?

子供が不登校になってしまう原因はどこにあるのでしょう?

「いじめ」がまず頭に浮かぶと思います。 しかし実はいじめで不登校になる子どもは不登校児童全体の2%ほど。

いじめよりも高確率で不登校の原因になるのは「友人間のトラブル」なんです。 仲が良かったのに、急にはずされた。 陰で悪口を言われていた。 そのようなことがきっかけになるのです。

また、不登校の原因で一番多いものは「無気力」です。 不登校の小学生でも25%強の子どもたちが「無気力」を原因に挙げています。 学校生活が思っていたのと違う。 色々と頑張ってしまい、疲れてしまった。 などなど。

また、最近よく見られる原因として発達障害もあります。 知能は問題がないけど「読めない」「聞けない」「書けない」等の学習障害。 静かにしていられない注意欠陥多動障害のせいでうまくいかない。子ども自身も辛い思いを抱いている場合が多いですね。

子どもの心はどうしたら学校へ向かう?

学校から離れてしまった子どもの心はどうしたら学校へ向かうのでしょうか?

まずは「不登校の子供がどんな状態に変わったら学校にいってみよう!」という気持ちになるかな?ということを考えてみてください。

「学校なんて無駄!」と思ってたけど、「やっぱり学校に行く必要がある」と理解したとき。

「なんだか無気力で学校に行けない」と思ってたけど「エネルギーたっぷりになったから学校に行きたい!」と思ったとき。

「自分なんて何にもできない」と思ってたけど、ほかの子よりも明らかに優れたことが一つできたとき。

子供がこのように変わったらまた「学校に行きたい!」という気持ちになる可能性があります。

不登校になったときに親御さんができること

子供が不登校になりかけてしまったときに多くの親御さんが心配と焦りから 「学校へ行きなさい!」と言ってしまうと思います。 「休んでもイイよ」と言ったら甘えて不登校になってしまうのではないか?という心配もあると思います。 対応は難しいですよね。

では、先ほど挙げた例をもとにどのような対応を取れるか、見てきましょう。

①「学校なんて行っても無駄!」と思ってたけど、「やっぱり学校に行く必要がある」と理解したとき。

これは「やっぱり学校に行く必要がある!」と子ども自身が気付くチャンスを親が奪わないことが大事になります。 子供がインターネットで何かを調べるたり、誰かとつながること。 危険かもしれないと心配するでしょう。 しかしこれが子供にとって転機になる可能性も大きいのです。 むやみに「インターネットは危険!」というのではなくて見守りながら余計な邪魔をしないということが親御さんにできることですね。

②「なんだか無気力で学校に行けない」と思ってたけど「エネルギーたっぷりになったから学校に行きたい!」と思ったとき。

無気力にはどう対応していいか悩むと思います。 しかし子ども自身はとても疲れていて、学校に行ったほうがイイのかを考えられないくらいの状態。 親御さんにできることは「子どもの生活リズムを整えること」です。 朝、いつもの時間に起きて食事をとる。 日中は学校に行けないかもしれないけど、無駄にゴロゴロと昼寝をするのではなく、時間を決めて漫画を楽しんだりテレビを楽しむ。 夕食も家族で取る。 学校へ行ってた時と同じように生活リズムを整えてあげることが大事です。 生活リズムさえしっかりしていたら、疲れも癒えはじめ、学校へ行こうかな?というエネルギーもわいてきます。

③「自分なんて何にもできない」と思ってたけど、ほかの子よりも明らかに優れたことが一つでもできたとき。

これも子どもの可能性やチャンスを奪わないで親御さんが見守ることが大事になってきますね。 実際に不登校で本を出版した小学生、youtuberになった小学生もいますね。 自信がついたことで、学校に行ってみようかな?と思えることって結構あるんです。

不登校が治る?治療法があるの?

不登校になってしまった子供を認め、お休みをさせるとします。 でも、いつ学校に行けるようになるの?と心配になりますよね。 ということで一つ効果的な方法をお伝えします。

それは「家の掃除」「洗濯」「お風呂の掃除」を子どもに任せるのです。 これを任せるから、学校に行くのをお休みしてもイイよと子供に伝えてください。 毎日「家の掃除」「洗濯」「お風呂の掃除」をしていくと不登校が改善される方向に向かっていきます。 というのも、物理的な洗浄過程が心理的な浄化過程を生じさせるからです。 難しいですね(笑)

簡単に言うと「お部屋を掃除したら気持ちがスッキリ!」「晴れた日に洗濯を干したらスッキリ!」という気持ちになるということ。 スッキリすると気持ちいいですね。 気持ちも上向きになりますよね。 その積み重ねで不登校が改善することがあるんです。

まとめ

ほとんどの親御さんは勝手に思考に制限を掛けて勝手に絶望してしまっているのです。

「不登校になったら取り返しがつかない」「不登校になったらこの子の人生終わり」というように考えてしまっていませんか? そうなると「不登校=絶望」となってしまうのです。

親が自分の不登校のせいで絶望したり、失望している様子を見るのって子どもにとってはどうでしょう? 学校に居場所がないと感じて行けないのに、家でも絶望と失望の眼差しで見られたら? そんなにつらいことはありません。

親の気持ちが子供にも伝わって子ども自身がさらにパワーダウンしてしまうのです。 そうなると不登校も長期化して悪化していってしまいます。 親子間のコミュニケーションを良好にして、子供を安心させてあげることが不登校治療の一番の近道かもしれませんね。

発達障害診療ならハートライン沖縄クリニック |沖縄県 那覇市