知的障害

知的障害

知的能力障害群は、知的障害、精神遅滞とも言われ、知的発達の障害のことです。

そして知的能力や適応機能(日常生活能力、社会生活能力、社会的適応性)に応じて判断され、知能指数により軽度~最重度に分類されます。

最重症

目が合わない、笑わない、首が座らないなど、知的発達と運動発達に遅れがみられると言われています。

中度

言葉の遅れが3歳児健診で発見されることがあります。また、これらの症状や様子は乳幼児健診で発見されることが多いとされています。

軽度

就学後に対人関係や学習面でのつまずきや困難さがみられるようになってから発見されるようになることがあります。

発達障害診療ならハートライン沖縄クリニック |沖縄県 那覇市