いつ療育にいけばいいの??

発達障害 お役立ち情報

【療育を受け始めるまで】

1歳6ヵ月健診や3歳児健診で子どもの発達に問題があることを指摘され、親が「療育」を考え始めるケースは多いようです。実際に「療育」を受け始めるまでには、それからどのような段階を踏むのが理想的なのでしょうか?

発達の進み方のばらつきや遅れがみられるお子さんは、“抱っこをしても自分から抱きつこうとしない”、“激しく泣く”、“寝つきが悪い”など、赤ちゃんの頃からお母さんが違和感を持つような行動がみられます。1歳6ヵ月健診で言葉の遅れや他者とのコミュニケーションの取り方に心配があること告げられ、とりあえず3歳児健診まで様子を見たあと、療育を勧められるパターンが多いようです。

地域によっては1歳6ヵ月健診で問題を指摘された時点で、医療機関の受診を勧められることがあります。しかし、その時点ではまだ子どもが発達障害なのか、成長が遅れているだけなのかの判断がしづらいため、親が我が子を「発達障害である」と認めることが難しいのです。親の心の整理がつかないまま受診することになり、結果的に医師や児童福祉センターのスタッフに不信感を持つことになりかねません。

【療育とは?】

発達障害をもつ子どもの個性を活かし、その子どもが充実した生活を送ることができるよう医療と教育でケアするのが療育です。
普通の子どもと同じようにできるように訓練するのが療育の目的ではありません。発達障害は脳機能の発達のアンバランスさから生じており、いまのところ治療法は見つかっていません。しかし、先天的な脳の障害を持ちながらも、周囲の接し方によっては、その子が輝いた人生を生きることは十分可能になります。

療育は少人数制のクラスですので、お子さん一人ひとりの発達状況に合わせて、無理のないきめ細かな指導を受けられます。普段の生活では人と比べると「できない」ことが多く、自尊心を傷つけられがちな子どもたちに、少し頑張ればクリアできる課題を与えて自信を回復させます。また、遊びを通して発達を促すプログラムを提供してくれますので、子どもたちは苦痛を感じることなく成長できます。
発達障害の子どもたちにとって最も大切なのは、「自分にもできた!」「自分だってやればできる!」という自己有能感を育むこと。そのうえで、子どもたちがそれぞれやりたいことを見つけ、自分らしく生きるための基礎を作る役割を担っているのが療育です。

【療育を受けるまでにどんなステップがあるの??】

療育は誰かに勧められるまま強引に受けさせられるのではなく、発達障害を持つお子さんとそのご両親が納得したうえで、自ら希望して受けることが大切です。それが、継続したお子さんのサポートにつながります。

■グループワークや心理相談を活用しよう

1歳6ヵ月健診や3歳児健診からいきなり療育へ行くよりも、同じ悩みを持つ親が集まるグループワークや市が開催している心理相談、言葉の相談などに行ってみましょう。そこで、お母さんの率直な気持ちを聞いてもらい、少しずつ他の子と我が子との違いを受け入れ、療育の必要性を実感していく。そんな「療育」を受けるための準備段階はとても大切です。

■「療育」が持つさまざまなメリットとは?

・子どもが先天的に持つ脳の特性を知ることで、自責の念から解放される
発達障害がある子どもたちには、じっとしているのが苦手、こだわりが強い、他の子どもとコミュニケーションを取りづらいなどの特徴があります。そのため、発達障害の子どもをもつお母さんのなかには「私の育て方が悪いのかも」と自分を責め、苦しむ人も少なくありません。

療育に通うメリットの1つとして、専門家から発達障害の子どもの特性を教えてもらうことで、お母さんが「自分の育て方の問題ではなく、先天的な脳の特性が起こしている行動だったのだ」と納得するとともに、自責の念から解放されることが挙げられます。

・得意分野を伸ばし、苦手分野はサポートする関わり方を学べる
一般的な育児本に書かれている「粘り強く頑張らせる」、「我慢することを覚えさせる」などは、発達障害の子どもたちにとっては逆効果になることがあります。

なかなか思い通りにならない発達障害の子どもを抱え、いったいどう育てていけば良いのか分からず、途方にくれてしまうお母さんも多いでしょう。療育では、子どもの特性に合わせた育て方を専門家にアドバイスしてもらえます。得意分野を伸ばし苦手分野はサポートするような関わり方は、発達にばらつきがあるお子さんの精神を安定させるとともに、親子の絆をより一層深めます。

・共感しあえる仲間と出会える
公園や幼稚園で会うママ友に「何かに夢中になると、どうしてもやめられなくなってしまうの」「腕まくりを嫌がるの」などと相談しても、キョトンとされてしまい余計に悩みが深くなるような経験をしたお母さんもいるでしょう。
療育で出会うお母さんたちには、子育てに人一倍悩んできたという共通点があります。悩みを打ち明けて、共感してもらえるママ友ができるのは心強いですね。「大変なのは私だけじゃない」と思えることで、前向きに頑張る気持ちが湧いてくることもあるでしょう。

また、療育に通う保護者が集り「親の会」を作ることもあります。悩みを打ち明け合うことで子育ての難しさを共有したり励まし合ったり、また、先輩ママから育児についてのアドバイスをもらったり。また、子育てに役立つ教室や講習会など、地域の情報を得られるメリットがあります。

療育に通うメリットを箇条書きにしてまとめました。

・一人ひとりの発達状況に合わせて、ポイントを押さえた指導をしてもらえる

・無理のない課題や遊びをクリアしていく経験を積み重ねることで、自己有能感を高める。

・子どもの先天的な脳の特性について専門家から説明をうけることで、「育て方」と「子どもが抱えている問題」には関係ないことを実感できる。

・同じ悩みを持つ仲間と出会い、子育ての悩みを相談しあえる

まずは発達障害の診断テストを受けてみて、必要であれば療育を検討するのもお勧めです。

お役立ち情報
発達障害診療ならハートライン沖縄クリニック |沖縄県 那覇市

コメント